健康的にダイエットを成功させるコツ

多くの女性が経験するダイエット。でも無理な食事制限や運動でダイエットに失敗する人もたくさん。ダイエットはきちんとした知識を取り入れ、正しいやり方をしないと健康的に痩せられません。このブログでは、無理なく健康的にダイエットを成功させる秘訣をテーマしています。

腸内環境は私たちのストレスを軽減する

私たち現代人は、日々ストレスにさらされています。 学校や職場、家庭での人間関係に加え、インターネットが普及により、SNS内での人間関係に悩まされる人も多くなってきています。 現実の世界とネットの世界の両方を生きている私たちにとって、受けるストレスは大きいわけです。 中にはストレスに対処できず、うつ病へと発展してしまう人も多い事でしょう。 ストレスに強い、弱いは人それぞれですが、実は腸内環境がストレスに密接に関係する事をご存知でしょうか?

私たちの精神状態に影響する「セロトニン」とは?

あなたは、「セロトニン」という物質を知っているでしょうか? このセロトニンは別名「幸せホルモン」とも呼ばれます。これは、私たちの体内で産生され、必要に応じて分泌される神経伝達物質です。 神経細胞を行き来する「信号」だと考えて下さい。 このセロトニンは脳内、腸内で作られます。 私たちがストレスを受けると、脳内でセロトニンが分泌され、ストレスを緩和していきます。 しかし、セロトニンの分泌が不十分だと、ストレスに上手に対応できず、ひどくなるとうつ病に発展していきます。 要するにセロトニンはストレスと戦う役割を担っているわけです。

腸内環境とセロトニンは密接に関係する

ストレスと戦うセロトニンですが、実は、腸内環境と密接に関係がある事が分かっています。 アメリカで発表された研究結果によると、腸内菌が存在しないマウスと腸内菌が存在するマウスの脳内のセロトニン量を比較したところ、腸内菌が存在するマウスの方が多かったようです。 また、腸内の善玉菌を増やすと腸内でもセロトニンが増え、それにつられるように脳内でもセロトニン量が増えるという事が分かっています。 一見すると、腸内環境と関係のなさそうな脳内のセロトニンですが、実は密接な関係性があるというわけです。

脳内のセロトニン分泌量を増やす腸の作り方

前項までの内容を踏まえると、腸内環境は私たちの精神状態にかなり大きく影響すると言わざるを得ません。 では、腸内環境を良くするにはどうしたら良いでしょうか? 最善の方法は、体外から善玉菌を摂取する事です。 腸内環境が悪化する要因は、腸内に悪玉菌が増える事にあるので、悪玉菌に対抗する働きをする善玉菌が必要になります。 今は乳酸菌や酪酸菌などの善玉菌はサプリメントで手軽に摂取する事ができるので、活用してみてはどうでしょうか? 腸内環境の改善はストレスの緩和に大きく影響するのです。